読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Christian Journal

福音主義・キリスト教民主主義に立脚する日刊ブログ

ウリスト教

みなんさんは「ウリスト教」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。本紙でも日本のキリスト教は韓国の影響が強いと申し上げていると申し上げてきましたが大韓民国発祥のキリスト教系新興宗教の蔑称です。

統一教会を始めとする、韓国発祥のキリスト教系の異端や、日本国内で親韓、親中、反日的な態度をとる韓国系のキリスト教宣教団体や、のことを指してネット右翼を中心に蔑称として使用されたのが広まったものと見られます。

『ウリ』(韓国語の一人称複数「私たち」の意)と『キリスト教』の合成語です。

で、本紙では言葉の紹介だけでなく、ウリスト教と呼ばれる所以について解説を試みます。前者のキリスト教系の異端についてですが、その異端の数が多いのは以前にも本紙でのべたように、韓国のキリスト教徒の数が非常に多いことが第一の要因としてあげられます。正統なクリスチャンの数が多くなれば、どうしても一定数のおかしな人(異端)も出てくるわけです。人口が増えればそれに比例してどうしても犯罪が増えるのと同様に正統的なキリスト教が増えればどうしても異端的なものも出てきてしまうということです。この異端的なキリスト教があることを持って、韓国人やキリスト教徒を非難するのは明らかなヘイトであり、差別ですので本紙としても反対致します。また、もし、異端の数の多さをもってどこかの民族を劣等と決めつけるのであれば、日本人こそ最も劣等になってしまいます。なぜなら、日本国内に住む、統一教会エホバの証人モルモン教の世界三大異端の合計は同じく日本国内にすむカトリックプロテスタントの正統的キリスト教の合計に拮抗するほど多いのです。この割合は残念ながらおそらくダントツで世界最悪の割合です。

次に、「ウリスト教」が反日、親韓の立場をとるのは歴史的経緯によるものでもあります。戦前は日本のキリスト教会が宣教師を朝鮮半島に送る立場であり、今と逆だったのです。しかし、その多くは、裏で日本政府から朝鮮半島支配を安定化させるために指図を受けたものだったことが明らかになっています。また、戦中はキリスト教的に絶対御法度である偶像礼拝(神社参拝)を朝鮮のキリスト教徒に強要した事実も残っています。それがあるために、韓国のキリスト教にとっては、日本という国をどのように捉えるか、あるいは捉えなおすかということが本当に大きなことなわけです。例えば、韓国のキリスト教会の中で最大派閥はカルヴァン派(長老派)ですが、教理、聖書解釈が全て一致していても、「戦前・戦中の日本の振る舞いを赦すか赦さないか」という一点だけで、教派が分裂してしまっているのです。

異端的なプロテスタント団体は論外ですが、正統的なプロテスタント団体であっても、政治的に反日をとるというのは、戦中日本の宗教政策にその一端があるのであり、「ウリスト教」という発言をそのまま看過するわけにはいかないのです